Life

台湾×花蓮×同居をテーマにブログを書きます。このブログと私についてちょこっと説明

みるきー
みるきー
こんにちはみるきーです

今日からブログのテーマを少し変えて、私が台湾の花蓮へ来てから彼家族(台湾人)と実際に生活してみて感じたことや、台湾の文化・台湾の生活について細かいところまで自分の言葉で書いてみようと思います。

せっかく台湾で生活させてもらう機会なので、この経験を自分のためにも記事に残しておきたいという気持ちと、台湾に興味のある方や台湾移住を考えている方へ少しでもシェアできればという気持ちからです。正直いい事ばかりではありません。(笑)

台湾にくる目的は、留学・仕事・ワーホリ・結婚など人それぞれだと思います。

私はコロナ渦で1年以上会えていない彼に合うために台湾へ来ました。一度台湾で生活してみようという理由です。

目的が違うと見える視点が違うので、不快に思われることもあるかと思いますが、私は将来台湾で生活するかもしれない…という前提で感じたことを書いていますのでご了承ください<(_ _)>

 

コロナ×台湾生活でのストレス

みるきー
みるきー
5ヵ月程台湾の花蓮(田舎)に住んでみてカルチャーショックというか…本当に色々ありましたw

私が台湾へ来たのが、5月の台湾でもコロナが急拡大し始めた頃でした。

日本では約一年間コロナ渦で過ごしてきましたが、台湾でのコロナ渦の政策は日本よりも厳しく、外国人として台湾に住む私にとってもとても厳しく辛いものでした…

この厳しい政策のおかげで9月には1日の感染者0まで減らすことが出来たんですけどね(^-^;

外国でのコロナ渦に加え、初めての田舎生活、初めての彼家族と同居、台湾の生活にどっぷりつかったわけです。最初1~2カ月のストレスは凄いものでした。(人生で1番といえるくらい辛かったかもw)

遠距離だった彼にやっと会える-!と思い台湾にやってきた私の気持ちも、嘘のように崩れ去りました。(笑)それくらい私にとっては180度生活が変わり過酷でした。

自分の意志で来たので、文句も言いたくないし、愚痴を言える友達もいない。自分の中で消化させる日々でした。

でも不思議と台湾に来たことを後悔はしていません。なぜなら実際に来て経験しないと分からなかったことばかりなので。ストレスばかりではなく良いな!と思う台湾文化もあります!

びっくりするような面白いことも沢山…

自分の思いや気持ちを消化するためにも、書いてみよう~と思った次第です(^-^;

「へぇ~こんな事もあるんだw」くらいの気持ちで読んでいただければ幸いです。